英語で、「関西人が皆タイガースファンだと言うわけでは有りません」は?

英会話ビギン
Japanese don’t all like Sashimi.
が「日本人がみんな刺身を好きって訳じゃありません」なら
?
「関西人が皆タイガースファンだと言うわけでは有りません」
を英語で表現するとどうなるのでしょうか。
?
上に習って
People of Kansai don’t all like Tigers.
としてしまえばそれまでですが。
?
People of Kansai are all not Tigers fan.
?
と言うのを考えてみましたが、これで良いのか否か分かりません。
皆様よろしく御指導をお願いいたします。m( _ _;)m
【質問者:mughuさん】

みんなの回答

  1. ANSWER #1 2008.11.09 18:31

    最近、『英会話奮闘記』に参加したばかりの小娘です。‌
    地元の新潟で、日本語と英悟を教えつつ、翻訳家を目指しているところです。‌
    メールのご質問ですが、個人的な意見を言わせていただくと‌

    「関西人が皆タイガースファンと言うわけではありません」‌

    →もっと簡単に言い換えてしまえば、わかりやすいのではないでしょうか?!‌

    例えば…‌
    "Not all the Kansai people love (to support) Tigers."‌
    とか。‌

    ちなみに、私も「刺身」が大嫌いなのですが、それを英悟でうときは、こんな風に話しています。‌
    "I hate sasimi or raw fish. I think not every Japanese love to eat sasimi. As for me, definately NOT! Its fishy smell and tasteless savor just gets me throw them up!!"‌
    本当に、刺身が大嫌いなんです…わさびとからしも駄目!‌
    「日本人じゃないみたい」と、外国人の友達によく言われてしまいます


  2. ANSWER #2 2008.11.09 18:31

    日本語の、「皆が 〜 とは限らない、全てが 〜 というわけではない」(一般には、「部分否定」と呼ばれているもの)は、文中の‘all’や‘every’といった表現と、否定語‘not’との位置関係の問題で、アタマを悩ますことが多いので、初心者の人向けのお薦め表現を教えます。‌

    (1)It is not true [ that S+V ・・・ ]. ([ S が V ・・・ であるというのは ] 本当のことじゃない。)‌

    (1)の表現は、‘that’節の中に、そのまま、‘all’や‘every’を含む文を置いてしまえば、「皆が 〜 とは限らない、全てが 〜 というわけではない」の意味を、ほぼ損なうことなく、表現することが可能です。‌

    (2)It is not true [ that all Kansai people like the Tigers ].‌
    (3)It is not true [ that everyone in Kansai is rooting for the Tigers ].‌

    (1)のポイントは、‘all’や‘every’といった表現と、否定語‘not’との位置関係が、同じ節の中でカチ合わないようにもっていくことで、会話中に文法のことを、ゴチャゴチャと考え込まなくてもいいようにすることですので、この発想があれば、‘it is not true 〜’の部分を、他の表現に換えても、ある程度は、OKですよね。‌

    (4)You cannot say [ that all Kansai people like the Tigers ].‌
    (5)It is impossible to say [ that everyone in Kansai is rooting for the Tigers ].‌

    他に、‘all’や‘every’と、‘not’の組み合わせ自体を全く使わないで、うまく逃げる方法としては、以下のようなものがあります。‌

    (5)Some Kansai people like the tigers、but others do not.‌
      (タイガースが好きな関西人もいれば、そうじゃない関西人だっておるんよ。)‌

    (6)There are kansai people who exceptionally hate the tigers.‌
      (例外的に、タイガース嫌いな関西人もいまっせ〜。)‌

    以上、ちょっとした裏ワザですが、‘all’や‘every’といった表現と、否定語‘not’との位置関係は、ちょっと最初のうちは使いこなすのが、ツラいので、当分の間は、こんな感じで通しながら、会話中のストレスを無くす方を優先させた方がいいかも知れません。ではでは。


  3. ANSWER #3 2008.11.09 18:31

    はじめまして。‌
    元関西人、今シドニーに住んで12年もうすぐ13年の「オーストラリア地球のお尻の移民・移住」のDrothyです。‌
    日常生活にはあまり日本人との付き合いは多くなく、しかも夫(トト)は優秀な英語の先生の資格保持者でネイティブという恵まれた環境ですが、未だに英語ペラペラではありません。日々精進です。‌

    ところで、ご質問と英作文‌
    People of Kansai are all not Tigers fan.は‌
    とても、惜しいですね。‌
    これを生かして、そして最も簡単に(覚えやすいですからね)‌
    Not all Kansai people are Tigers fans.‌
    でいかがでいかがでしょうか?(注;ドクタートトのチェック済み)‌
    ポイント?英語は結論が先に来る。よってNOTを文頭に。‌
    ポイント?関西人は簡単にそのままKansai people‌
    ポイント?名詞にはいつも配慮。数えられる名詞か否か、単・複の違い。日本人にとっては全くどうでも良いようなもんですが、この区別は重要。いつまでも、ついてまわります。‌
    お互いに頑張りましょう。


  4. ANSWER #4 2008.11.09 18:31

    質問者のmughuです。‌
    有難うございました。(^o^)/皆様に感謝です。


質問はクローズされました。

英会話ビギン
英会話ビギン 当サイトの管理人です。元は講師として活動していましたが、当時の生徒さまや先生仲間から「英語の初心者にプロの日本人講師が1対1で教えるスクールを立ち上げてほしい」と背中を押していただき、2004年から英会話初心者の方を専門にしたマンツーマン英会話スクールを経営しています。英会話ビギン株式会社