英語の勉強は何からやればいい?

arisa

英語の勉強をはじめて3か月ですが、
何を勉強したらいいのかはっきりしていないのが悩みです。
音読や単語、文法の勉強やリスニング、ディクテーション。。。
時間のやりくりがなかなかうまくいかないので
気ばかりが焦って、やるべきことを絞って集中することができずにいます。
どれもこれも中途半端になっているのでペースを作って自宅学習しなければと思ってはいるのですが。。。
まずは何からやったら良いのか、アドバイスをいただければ嬉しいです。

みんなの回答

  1. GOLD ANSWER

    ANSWER #3 2013.10.25 09:47

    arisaさん、はじめまして、こんにちは!‌

     一番最初は何をしたらいいか分からなくて途方にくれますよね。私なんて、英語で大学受験してなくて、中学英語すら危うかったので、瞬間英作文とか音読パッケージとか定番の学習素材を勉強しようとして、あっさり挫折しました。が、なんとか試行錯誤し続けて、今お勉強暦2年くらいです。‌

     そこでまず声を大にして言いたいことは、‌

      「自分の一番好きなことをする」‌

    です。英語でやってみたいことは何ですか?何のために勉強していますか?映画を字幕なしでみたいなら、映画を見ちゃえば良いと思います!海外の友達と話せるようになりたいなら、実際お話してみるといいと思います。自分が楽しいと思えることをやっていると、記憶力・理解力がアップする、という研究調査結果を何度も読んだり聞いたりしました。もし、今の勉強方法が楽しくないなーと感じているなら、今と少し違う方法をためしてみるのもいいかもしれませんね。‌

     学習の仕方は、人それぞれ異なります。目指す方向も全然違うので、誰かにとって良かった学習法が、arisaさんにぴったりとは限りません。だから、最初のうちは、いろいろな方法を試してみるのは、とても良いことだと思います。ビジュアルラーナー・オーディオラーナー・キネセティックラーナー、等自分の学習タイプを知るのもいいかもしれませんね。英語学習は長い旅ですが、やっていればやっただけ必ず身につきます。言うなれば学習・勉強じゃなくて、いかに英語に「慣れ」るか、英語に触れる時間をどれだけ増やすか、が鍵です。中途半端になって無駄になる、ということは無いです!‌

     ただ、ひとりで勉強してると、自分が進歩してるのかが分からなくてこれでいいのかと不安になったり落ち込んだりしてやる気がでなくなる時が必ずあります!だから、何か自分の中でペースメーカーになるものがあると、進歩に気づきやすくなります。テストが好きならTOEICなどでもいいと思いますが、本を読む、海外ドラマをみる、日記を書いて添削してもらう、実際に英会話してみる、何でもいいです。たとえば、‌

    ・以前は難しく感じていたこの本が、今ならサクサク読める♪ ‌
    ・英会話の先生、何言ってるかわからなかったけど聞き取れるようになった!‌
    ・日記を書く時間が短縮されてきたなー!‌

    などなど。その上で、自分に足りないな、と思った点について、個々に対策を考えていけばいいと思います。ここで重要なのは、必ず「過去の自分と比べてどうか」という事です。他の人と比べては絶対にいけません!少しでも前と比べてできるようになったことがあれば、自分を褒めてあげてください!ご褒美を設定しておくのもいいかも?‌

     以上を踏まえた上で、もしももしも、arisaさんが私と同じタイプだと仮定して勝手におすすめするならば、私が最初に徹底的にするべきだったなーと猛烈に反省しているのは、まずリスニング!リスニング!リスニング!です。私の目標は、英語ネイティブの友達と:‌

    1.話せるようになること‌
    2.一緒に映画やドラマなどを見て楽しめること‌

    でした。この場合まず、相手の言ってることが分からないことにはお話になりません。「あー知ってる単語なのに聞こえない」、「うー簡単な文章なのに聞こえない」、という事が多くて残念な気持ちになりました。‌

     そこで、私がとった方法は、海外のアニメやドラマをひたすら見続ける!です。簡単なものからはじめて下さいねー。私の場合は主にディズニーチャンネル系でした。最初はもちろん、簡単なものでも全然わかりませんから、日本語で見て内容を知ってるものがいいと思います。英語字幕を出してみたり、なしで見たり、一緒にぶつぶつ繰り返そうとしてみたり、わからなくてもとにかく続けました。コツは、自分がその中の登場人物になって、会話しようとしてる気持ちで聴くことです。この人は何言ってるのかなー、なんて答えたらいいかなとか。そうすると不思議と少しずつ聞こえてくるんです。‌

     できれば、すくなくとも毎日1時間、1週間程度同じ素材を聴くといいと思います。連続で1時間じゃなくてもいい、15分ごと4回にわけて隙間時間で、とかでもいいです。飽きるようでしたら、いろいろな素材を交互に聴いても問題ないです。飽きてやる気がなくなっちゃうと、全然効果なくて一番よくないと思います!とにかく楽しく聴ける、自分の大好きなものをひたすら聞き続ける!‌

     そんな風に、リスニングをしつこく続けていれば、なんとなく自分の中にフレーズがたまってきます。自分でも覚えてるなんて思ってなかったフレーズが口からとびでてきたりしてびっくりしますよー。(ス○○○ラーニングのCMみたいですみません!)こんな風になってきたら、頭の中で、目に飛び込んできたものとか、考えてることとかを独り言英語にするといいと思います。しょうもない英文でいいです。This is a pen! とかでも!で、いえなかった英文はあとで調べてなるほどーと思います。別に覚えようとしなくても大丈夫です。‌

     次のステップとして、簡単な、自分が楽しめる英文を読んでいくといいかもしれません。子供向けの絵本でもいいし、Web上の興味のある分野の記事でもいい。New York Times とかじゃない、ふつうの人が読むふつうの記事はけっこう簡単英語です!この時も、辞書とか引いてると面倒で嫌になってきちゃうので、PCまたはスマホでクリックしたらすぐに辞書が引ける状態で読むか、それ以外の場合は辞書を引かなくてもいい素材にするのが大事だと思います。読むのに慣れてきたら、英語で海外の人とチャットするのも瞬発力を鍛える上で勉強になりました。全然わからなくても、アルクの英辞郎とGoogle翻訳があればなんとかなります!もちろんこれらを利用すると間違った英語がたくさんありますが、間違っても仕事やテストじゃないので気にしないようにしましょうー。‌

     聴けたらだんだん話せるようになるし、読めたらだんだん書けるようになります。もちろん聞く力>話す力、読む力>話す力、にはなりますが、それは日本語でも同じですよね?討論番組で学者の先生が言ってることは分かるけど、それと同じように話すのは難しい。堅い文章も読めるけど、書けるかといわれれば……。でも聴くレベルが上がるにつれ、話せるレベルも少しずつ上がると思います。話したり書いたりする練習はもちろん必要ですが、それは慣れるために必要、なだけです。‌

     以下、各勉強方法について、私の独断と偏見を書きます!でもこれは完全に好き嫌いの問題なので、好きならばやればいい、嫌ならやらなければいい、というだけのことだと思っています。‌

    ■音読:私は音読は苦手であまりやったことがないです。シャドウイングは時々やります。シャドウイングも音読に含まれるとしたらよくわかってなくてすみません。‌

    ■単語:もし英検1級やTOEIC900点などを狙うのでない限り、そんなに難しい単語は覚えなくても大丈夫だと思います。普段使う英語は簡単なものが多いです……。私は昨年、英語学習1年記念でTOEIC記念受験してみたら840点でしたが、その時点であの定番DUOにも知らない単語がたくさんありました!(自慢できることでは無いですね……)。自分が英語に触れていく中で、必要な単語は自然と覚えると思います。もしも試験対策でしたらすみません……。‌

    ■ディクテーション:嫌いなのでほとんどやりませんでした。ただ、えいご漬けというソフトだけは、なぜか楽しめて、ムキになって2つクリアしました。簡単な英文に繰り返し触れられるので、もし気に入ったならおすすめです。‌

    ■文法:少なくとも最初のうちは勉強しなくてもいい!というのが個人的な見解です。英語学習開始後1年くらいで「1億人の英文法」は面白かったので一度通読しましたが、それ以後は「あれ、これ、どうだったかなー」というときの確認のために開く程度です。人に教えるときには文法があったほうが便利ですね!でも【 】埋めの問題とかをやっても、実際話したり書いたりの上ではあんまり意味が無いんじゃないかなーと考えています。TOEIC受験で1ヶ月だけ勉強しましたが、今では全く覚えていません……。というか、話したり書いたりするときにちょっとくらい文法間違ってても大丈夫ですしね!ネイティブも素で間違ってたりします!ちなみに、品詞問題とかは特に、たくさん英語に触れてれば、何も考えなくても勝手に正解できるようになりますよー。‌

     後半の具体例は飽くまで「私の場合は」なので、参考にならないかもしれません!Arisaさんのお気に入りの方法がみつかりますよう、お祈りしています★‌

     さてさて、長くなって申し訳ありません。soylatteさんに倣ってまとめると、‌

    ・好きな方法をみつけるまで試行錯誤、見つかったらとにかく楽しく続ける♪‌
    ・ペースメーカーをつくる。他人と比べない、自分の進歩だけを気にする。‌
    ・英語に触れる時間をできるだけ増やす。勉強という気持ちじゃなくてOK!‌
    ・もし会話目的ならリスニング重視がおすすめ。‌

     私もまだまだ英語初心者で、えらそうなことは全然言えないのですが、飽きっぽい性格でなんとかもうすぐ2年間、勉強を続けられたのは奇跡だと思っています。それは、無理しないで楽しめる範囲で、嫌だったら中断してもいい、というスタンスだったからです。会話はまだまだ流暢とは程遠いけれどなんとか意思疎通はできるし、海外ドラマも楽しめるし、大人向けの本も読めるし、「英語を学ぶ」じゃなく「英語で学べる」ように少しずつ変わってきました。続けていれば、必ず新しい世界が開けてきます。一緒にがんばりましょう!‌

     私が言っても説得力が無いかなーと思ったので、私の言語学習「心の師匠」の一人のYouTubeビデオをご紹介します。カナダの方ですが12ヶ国語話せて、日本語もとてもお上手です。ぜひお話を聞いてみてくださいね!‌
    「英語の勉強は楽しくないといけない。 」‌
     http://www.youtube.com/watch?v=PWJqqOK2veU‌

    楽しい英語生活を~♪‌

    Solamimi Usagi‌
    http://solamimiusagi.jugem.jp/


    • REPLY 2013.10.25 11:13

      solamimiさん、こんにちは!質問者のarisaです。 solamimiさんも初心者からはじめて、もう2年も継続されているんですね!すごいです。 私なんてまだ3か月で、1年続けるのも大変なのかな?とちょっと先が見えなくなっていたのですが solamimiさんも同じようにはじめて続けてこられたというお話を伺い、とても勇気がわきました。 まとめていただいた4つのポイント、とても参考になりました! そして、結果として長く続けるためには、あまり気負いすぎずに 「無理しないで楽しめる範囲で、嫌だったら中断してもいい、というスタンス」 が大事であることも、solamimiさんの体験からとてもよくわかりました。 やらなきゃやらなきゃ、と焦りが少しあったので、楽しめる範囲でやればいい、という 気持ちに変えていきながら、楽しく続けていきたいと思います。 アドバイス、ありがとうございました!!!!
  2. ANSWER #1 2013.10.24 13:42

    こんにちは。‌

    英語を初めて三か月なんですね!‌
    でもディクテーションにまで手を出しているなんてすごいです。‌

    ひょっとすると会議とかで英語を使うからディクテーションでメモを取れるようになりたいとか、そういうことなのかもですか?‌

    もし会社員さんで中学英語が大丈夫そうなら、なぜ英語が必要なのかという部分を起点に勉強を組み立てていくのが良いと思います。‌

    全方位的な学習は、時間に余裕があったり資格の勉強であれば良いのですが、実務的な理由で英語が必要な場合は遠回りになる側面があります。‌

    たとえばプレゼンで使うのだ、という場合はディクテーションやリスニングよりは音読を中心に自宅で反復練習するのが良いと思います。‌

    文法は全て中学英語で問題ありません。‌
    たとえ学術的なプレゼンでも、文法自体は凝る必要はありません。‌

    プレゼンではなくて電話応対がある、というような場合は、リスニングを中心に音読を行えばよいかと思います。‌

    どのような場合でも、「たくさんの本を音読したり、たくさんの音源を聴く」のはオススメしません。‌
    それはもう少しレベルが上がってからでもよいでしょう。‌

    まずは1つの教材、極論を言えば1つの文章(300から1000文字程度)を何回も何回も反復して音読・リスニングすることをオススメします。‌

    教材選びは、ニュースなどは難しいので無難に市販の教材から選択するのが良いでしょう。‌
    安くてOKです。‌

    まとめると、‌
    ・なんで英語が必要なのかを明らかにする‌
    ・必要な理由に直結する英語学習のみに絞る‌
    ・1つの教材を反復練習する‌
    ・教材は市販の安いもの‌

    です。‌

    一番大事なのは、「やらない勉強方法」を決めることです。全方位的な勉強は挫折への直行ルートです。‌

    以上、ちょっと横柄に見えたらすいませんm(__)m‌

    追加でご質問あれば何でも聞いてください♪


    • REPLY 2013.10.25 11:01

      soylatteさん、こんにちは。質問者のarisaです。 回答をいただきましてありがとうございました! とても参考になりました。 「なぜ英語が必要なのかを明らかにする」ということがまず第1ステップなんですね。 私の場合は、姉が外国人と結婚したので、それがきっかけでしたが、 前からなんとなく「英語ができたらいいな?」という気持ちがあったので、 明確な「目的」というものを定めないままはじめてしまったかもしれません。 そこが迷いがちになってしまう原因だったかもしれませんね。 まず、小さなステップから、「姉の旦那さんとあいさつができるようになる」という目標をたてて はじめてみたいと思います。 すごく良いヒントをいただき、気分がすっきりしました。ありがとうございました!
  3. ANSWER #2 2013.10.24 21:15

    英語を勉強したいとのことですが、まずは英語で何がしたいかを明らかにすれば、対策を立てやすいかと思います。‌
    読めるようになりたい、書けるようになりたい、聞き取れるようになりたい、話せるようになりたい、の4つが基本かと思います。‌
    上記4つのどれにも必要なのは単語力、語彙力です。‌
    単語力、語彙力を増やすためには、多くの英文に触れることしかないと思います。‌
    単語力、語彙力が増えてくれば、「読む」以外の「書く」、「聞く」、「話す」へ飛躍し、書けるようになりたいのであれば、書く練習、聞き取れるようになりたいのであれば、なるべく英語を聞く時間を多く確保する、話せるようになりたいのであれば、独り言で練習する、というような方法がとれるかと思います。‌

    方法論的な事をざっくりと書きましたが、普段自分が口にする表現を英語にしてみることで、単語力、語彙力、発音、話す力、は意外と一気に身に着くと思います。‌
    例えば、今日の夕飯何だろう?/What's today's dinner? というように、簡単な事でもいいので、英語に変換する癖をつけるところから始めてみてもいいかもしれません。‌
    発音は発音記号に忠実に発音しないとEnglish speakerには通用しないので、日本語英語の発音には要注意です。‌
    この方法は、2011.Oct-2013.Augまでアメリカ生活をしていた者として、英語を話せるようになりたいと務めた方法です。


    • REPLY 2013.10.25 11:08

      CICCIさん、質問者のarisaです。 さっそく回答をいただきありがとうございました! やはり「話す」ことができたら一番うれしいのですが、それには単語力が必要だということ。でも、普段口にする表現を英語で考えてみることで、単語力は結構つくのですね! いろいろやらなきゃいけないと気負いすぎだったので、まず、自分がどんなことを言いたいのか考えて、それを英語にすることをはじめてみます。ありがとうございました。

質問はクローズされました。

arisa
arisa